【お急ぎください】住宅ローン減税の特例措置を受けるなら、今がラストチャンスです!

トピックス

国が実施している住宅ローン減税の延長に関して、
新型コロナウイルス感染症及び、そのまん延防止対策の影響に伴い、特例措置が出されています。
特例措置を受けるには、2020年の9月30日までにご契約いただき、
なおかつ2021年12月31日までに入居をしていることが条件となっております。
家づくりは、土地探しからスタートし、プラン、仕様確定など企画工程でも時間がかかる場合がございます。
新築をご検討中の方は、早めの計画開始をおすすめいたします。

■住宅ローン減税とは?
一定条件を満たすと、住宅ローン残高の1%相当の所得税 が10年間戻ってくる制度。
消費税率引き上げに伴い、減税期間が3年延長になりました。
こちらは2020年12月末までの入居が条件でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、
2021年12月末までに入居された方が対象となる、特例措置が出されています。
延長された11~13年目については、住宅ローンの年末残高の1%、
もしくは建物購入価格の2/3%のいずれか小さいほうが適用となります。

【一体どれだけお得?】住宅ローン減税の延長措置による試算シミュレーション

住宅ローン減税_06

上記の試算シミュレーションは一例で、条件によって減税額は異なります。
どれだけお得になるのか、まずは一度「無料設計相談」でご相談ください。